ハウスメーカーに行く前に自宅で情報収集をしよう

注文住宅を購入する際に最初にすべきことはハウスメーカーを選定する作業ですが、小規模な工務店も含めて無数の建設会社の中から1社だけを選ばなければなりません。各社の特徴や得意・不得意分野を知るためには実際に営業マンと会って話を聞いたりモデルハウス見学をする必要がありますが、それまでに数社に絞り込む必要があります。会社の絞り込みと同時に、家づくりの基本的な知識や建築業界で使用される専門用語の意味を知っておくことも大切です。

全く知識がない状態でハウスメーカーや工務店の営業マンに会って説明を聞いたとしても、話の内容を十分に理解できない恐れがあります。事前に何の調査もしないで漠然と会社を訪問して営業マンの話を聞くと、上手なセールストークに流されて十分に他社と比較することなくその会社を選んでしまうかもしれません。ハウスメーカー選びで失敗しないためには、実際に会社に行って営業マンに会ったりモデルハウス見学をする前に、自宅で情報収集をして家づくりの基本や会社の評判や特徴などの知識を得ておくべきです。

自宅でハウスメーカーについての情報収集をする方法ですが、まず最初にインターネットの比較サイトやポストに投函されたチラシやパンフレットを見るなどして、いくつかの会社をピックアップします。それまで工務店やハウスメーカーのチラシやパンフレットを見ずに捨てていた方でも、一応目を通しておくようにしましょう。次に気になった会社に資料請求をしてカタログを取り寄せたり、サイト内のページを見るなどしてその会社の特徴や主力商品を調べます。最近はほとんどのハウスメーカーは公式サイト上に資料請求のページが設けられているので、インターネットで資料請求をすると良いでしょう。

住宅を購入した経験がない方でも、ハウスメーカーのカタログを調べたり公式サイトにアクセスして調べると家づくりの基本や会社ごとの強み、主力製品の違いが分かるようになります。専門家に匹敵するほどの高度な知識は必要ありませんが、建築業界の人と話ができる程度の専門用語を習得しておくようにしましょう。基本的な知識を身につけた上でハウスメーカーに行って営業マンの話を聞けば、その会社について深く知ることができるようになります。

新築の注文住宅の購入をお考えの方は、面倒でも事前にハウスメーカーや工務店のカタログや資料を入手して必要な知識を習得した上で会社に行くことが大切です。住宅は人生で一番高額な買い物であり購入した後になって失敗に気づいても返品することができないので、情報収集をするための時間と労力を惜しまないようにしましょう。