子育てのためにマイホームを購入するならどういう場所や間取りがいい?

設計図

若い夫婦や小さな子供を育てている家庭であれば、注文住宅を購入する際に子育てを考慮して場所や家の間取りを設計することができるでしょう。いつの時代も子育ては大変な作業であり、間取りやインテリアに加えて立地条件や実家との距離などを総合的に判断した上で住宅を建てる必要があります。

子育てのためのマイホームを購入する場合に一番最初に行うべきことは、周辺環境を考慮して安全かつ利便性の高い用地を選定して購入することです。一般的に子供は大人よりも事故や犯罪に巻き込まれるリスクが高いので、交通事故や犯罪被害を防ぐために周辺の治安や道路の交通量を調べておくことが大切です。地元の警察署を訪問して尋ねてみれば、周辺の治安(スリや窃盗などの街頭犯罪の発生率)や交通事故が起こりやすい危険なポイントなどを分かりやすく教えてくれるでしょう。

子育てに適したマイホームの用地選びをする際は保育園・幼稚園や小学校からの距離を考慮する必要があり、極端に近すぎたり離れすぎないような場所を選ぶことが大切です。ちなみに保育園や幼稚園は自家用車で送り迎えができる家庭であれば必ずしも徒歩圏内である必要はありませんが、小学校については子供が夕方に徒歩で帰宅しても安全な範囲を選ぶべきです。

新居の広さや部屋数・間取りについても子育てを考慮して設計をする必要があり、子供部屋や夫婦が落ち着くことができる部屋を用意するようにしましょう。子供が小さな間は部屋数は少なくても問題ありませんが、中学校・高校に入学すると高校受験や大学受験に備えて落ち着いて勉強ができる個室が必要になります。子供が成長した後のことを考えて、十分な部屋数を確保することができるような広さの敷地を選ぶことが大切です。

夫婦のどちらかの親と同じ地域に新居を購入する場合は、場所選びの際に実家との距離を考えておく必要があるかもしれません。実家と近すぎると親からの干渉を受けやすくなってしまいますし、逆に遠くはなれた場所を選ぶと子供の面倒を見てもらいたい時などに不便に感じることがあるからです。実家との距離でちょうど良いのは、何かの目的があって移動する場合には遠すぎないと感じる程度の場所で、普段の生活(買い物や通院など)から外れていて気軽に立ち寄ることができないくらい離れていることです。例えば、徒歩や自転車で実家に向かう場合には遠すぎるものの、車を利用すれば15分くらいで到着できるくらいの場所がおすすめです。